TOP > COLLEGE > 図形のかんたんアニメをつくってみよう

図形のかんたんアニメをつくってみよう


いろいろな図形を使って、かんたんなアニメの作り方を学びます。 「中割り」という作業を行うことによって、さまざまな動きのアニメを作ることができます。


【第1回】道具紹介とタップの貼り方


まずはアニメを作るための準備をしましょう。 基本的な道具と、『講義の資料』のセッティングの仕方をご紹介します。


【第2回】円を移動させる


丸い円を平面移動させるアニメを作ります。 まっすぐ動かしたり、緩急をつけたり、作業に慣れてきたらいろいろな動きにも挑戦してみましょう。


【第3回】三角形を回転させる


1枚の三角形を風車のように旋回させるアニメを作ります。 物体の中心を捉えて上手に回転させる方法を学びます。


【第4回】長方形を転倒させる


長方形を転倒させるアニメを作ります。 パタっと倒れたり、跳ねて倒れたり、いろいろな動き方に挑戦してみましょう。


【第5回】円を拡大・縮小させる


円を拡大、縮小させるアニメを作ります。 円と円の間を中割りするのが少し難しいかもしれませんが、上手に描けるように何度も挑戦してみましょう。


【講師プロフィール】寺田眞佐子

てらだ まさこ

アニメーター、動画検査

サンライズ企画室にて彩色の仕事よりアニメ人生が始まる。 トップクラフトで作画を学び、その後トムス、IG、東映、A-1、ジブリなどの作品多数。フリーランスの動画の専門職グループ「ラジカルパーティ」を主宰。 現在は、主にスタジオコロリド、タツノコプロにて、デジタル作画の動画検査や新人養成を行う。


(所属・肩書は収録当時のものです)