FUN'S PROJECT ニュース

FUN'S PROJECTのイラストやアニメーションのオンライン講座や
著名なクリエイターのインタビューなど魅力的な情報をお届け!

東京アニメセンター 2018.08.02

  • Twitter
  • Facebook

「アニメと鉄道展」で凄腕ジオラマクリエイターが「機動警察パトレイバー」の世界をジオラマ化!

「アニメと鉄道展」に、パトレイバーの世界が出現!3人の凄腕ジオラマクリエイターが、鉄道模型の老舗 KATO社のNゲージ関連商品を使用して、「機動警察パトレイバー」の世界を再現しました。
「どうぞ しゃがんで目線をジオラマの中の人に合わせてみてください。あの世界の彼らの日常へ行くことができるはずです。」ジオラマに添えられたメッセージの通りに、ちょっとしゃがんでみて見えてきたのは、見慣れた市ヶ谷の駅前に突如出現したパトレイバーと、それを取り巻く人々の姿でした。

市ヶ谷に現れたTYPE-J9 グリフォンと対峙するAV-98 イングラム

ホームから見上げると、そこには!

橋のたもとには、迷子対応に追われる警官が居たり。

仲六郷駅前にも、暴走レイバー(HL-97 ブルドッグ)が出現!

幻の新橋駅には、AV-2ヴァリアントと97式改ハンニバルが!

1/150とは思えない存在感のTYPE-J9 グリフォン

コーナー中央の大きなジオラマにも、各所にレイバーの姿が見られます。
路面電車が走る陸橋を封鎖するAV-X0 零式

機動隊バスとともに待機中の MPL-97S パイソン

踏切にも95式改 ゴリラがいますが、一歩進むと電線切っちゃって苦情くるかも。

そこここに、今日も働くおじさんたちの姿が。

今日も黙々と線路を守る

夕暮れ時の帰り道、タイラント2000を背景に。

目をこらすと、1/150の人々の物語がちりばめられています。
この二人もコーナー内のジオラマのどこかに居ます。

隅々まで目が配られた素晴らしいジオラマを見ていると、時間を忘れてしまいそう。
開催期間中に何度も入場できる定期券で、心ゆくまで1/150の世界をご堪能ください。
定期券は3種類。「機動警察パトレイバー」がデザインされたものもあります。

「東京アニメセンター in DNPプラザにレイバー出現」(守屋丈志氏 作)
「仲六郷駅前に暴走レイバー出現!第二小隊出動せよ」(滝川晃氏(やまのは工房)作)
「幻の新橋駅」(新保光利氏 作)
「心象桜花鉄道」(新保光利氏 作)

※「機動警察パトレイバー」コーナーのジオラマ作品は写真撮影可能ですが、
撮影にあたっては他のお客様へのご配慮をお願いします。
※作品を大きく写すために接写撮影をする場合は、カメラ等が作品に接触しないようご注意ください。
※模型の配置等は変更になる場合があります。

【 KATO 1/150パトレイバー 計画、始動。】

「アニメと鉄道展」で展示されたイングラムとグリフォンは開発中のもので、今後仕様が変更となる可能性があります。
※上記以外のレイバーは新保光利氏によるフルスクラッチです。
鉄道模型コンテスト2018の関水金属技術開発部(技)開発商店ブースで、【 KATO 1/150パトレイバー 計画 第一弾】として、AV-98イングラムとTYPE-J9グリフォンが発表されます。

KATO

詳細は東京アニメセンターのサイトをご覧ください。アニメ関連のグッズ・イベント情報が満載!!

クリエイティブニュース

※外部サイトへ
リンクします

JavaScriptをOnにしてください