連載第2回東京喰種(トーキョーグール):re-花江夏樹×渡部穏寛-前編

FUN'S PROJECT TOP > 東京喰種(トーキョーグール):re-花江夏樹×渡部穏寛

アニメ声優系ニュースサイト「アニメイトタイムズ」と、アニメ、マンガ、ゲームなど、日本が誇るエンタメコンテンツの魅力を発信し、クリエイターやコンテンツホルダーとファンをつなぐサービス「FUN'S PROJECT」のコラボによる特別企画の第2弾!
今回は、大人気アニメ『東京喰種トーキョーグール』の第3期『東京喰種トーキョーグール:re』で主人公の佐々木琲世を演じる花江夏樹さんと、監督の渡部穏寛さんにお話を伺いました。
「アニメイトタイムズ」と「FUN'S PROJECT」、双方のサイトで公開されるこの前編では、まもなく最終回を迎え、さらに第2クールの制作決定も発表された『東京喰種トーキョーグール:re』の魅力や作品にかける思いを語っていただいています。渡部監督が感じる花江さんの演じるカネキやハイセへの印象や、花江さんのお気に入りのワンシーンとは…?
また、「FUN'S PROJECT」のサイトで限定公開されている後編では、お二人がどのような道を歩んで、声優やアニメ監督になったのかをインタビュー。その過程で壁に直面した時のお話や、オーディション時のまさかの秘話。花江さんが若かりし頃に練習した活舌改善方法など、貴重なお話が満載! さらに、未来の声優&クリエイターへのメッセージも伺っています。クリエイターや声優を目指している、あるいは興味のある皆さんは、ぜひ後編もご覧ください!

  • Twitter
  • Facebook

Profile

イメージ画像
花江夏樹(はなえ・なつき)
アクロス エンタテインメント所属。神奈川県出身。2012年に、『TARI TARI』のウィーン(前田敦博)役で、テレビアニメに初のレギュラー出演。2013年、『断裁分離のクライムエッジ』の灰村切役で初の主人公を演じた。その他の主な代表作に、『アルドノア・ゼロ』(界塚伊奈帆)、『四月は君の嘘』(有馬公生)などがある。

Profile

イメージ画像
渡部穏寛(わたべ・としのり)
北海道出身。2000年公開の映画『人狼 JIN-ROH』でアニメーターデビュー。その後、演出家に転向。2016年放送の『侍霊演武:将星乱』で初の監督を務めた。その他の主な代表作に、『VALKYRIE DRIVE -MERMAID- 』(助監督)、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』(709話~714話で監督)、などがある。

クリトーク!バックナンバー

第1回

かくりよの宿飯(やどめし)

前編

後編

第2回

東京喰種:re

前編

後編

第3回

重神機パンドーラ

前編

後編

第4回

夢王国と眠れる100人の王子様

前編

後編

第5回

岩井勇気のコントCDⅡ

前編

後編

喰種と人間の関係性は、
現実の世界にも置き換えられる

─『東京喰種トーキョーグール:re』という作品の魅力を紹介してください。

花江夏樹さん(以下、花江)
1期の頃からカネキ(金木研)として出演させていただいているのですが─、『東京喰種トーキョーグール』という作品を知らない人からすると、ちょっとグロいのかなとか、怖いのかなというイメージが強いのかもしれません。実際に、そういったところも魅力ではあるのですが、それだけの作品ではありません。喰種(グール)として生きていかなくてはならないカネキ……『:re』からは記憶が無くなってハイセ(佐々木琲世)として生きているのですが、彼の心の揺れ動きを描いていて。喰種と人間の関係性などについては、現実の世界にも置き換えられることは多いので、すごく考えさせられる作品です。
イメージ
渡部穏寛さん(以下、渡部)
原作の持つパワーがとんでもない作品で。無印から読んでいくと、石田(スイ)先生の絵もどんどん上手くなっていて、構成力もすごくなっていくのが分かるんです。読んでいて「このキャラクター誰だっけ?」と思ったら、実はずっと前に登場していたキャラクターで。しかも、重要キャラになっていたりとか。そういう全体を通しての構成もすごく面白い作品です。アニメに関しても、第1期、第2期(『東京喰種トーキョーグール√A』)は、森田(修平)監督の演出力がすごかったですし、映像的にも色々と実験的なことをやっていて、すごく面白いなと思いました。『:re』も、石田先生の原作のパワーをお借りしながら、制作中です。

─渡部監督は、大ヒット作の第3期から監督を務めることになったわけですが、オファーがあった時には、どのようなお気持ちだったんでしょうか?

渡部
お話をいただいた時には、原作を読んだことがなくて、アニメも知らなかったんです。自分もまだまだ駆け出しだったので、監督をやらせてもらえるなら、何でもやりますみたいな軽い気持ちで返事をしたんですね。でも、原作を読み、第1期と第2期のアニメを観たら、どちらも本当に面白くて、これはヤバいなと。正直、引き受けたことを少し後悔しました(笑)。しかも、周りの友達もみんな知っている作品で、「なんで観てないの?」と言われるし。原作が連載されているのは『ヤンジャン』(週刊ヤングジャンプ)だし。すごくビビりましたが、やるしかないなと覚悟を決めて、頑張っています。

─花江さんは第1期から主人公を演じていますが、シリーズを重ねてきて、キャラクターや作品に対する思いに変化はありますか?

花江
第1期の頃は、まだ僕も新人で、キャストの中でも一番芸歴が浅かったんです。だから、カネキと一緒で常に受け身の状態。来たものに反応するという感じで、本当にガムシャラでした。でも、第2期からは、カネキも白カネキになり、今までのカネキとは性格が一変して。さらに、時間が経っての第3期では、ハイセとしてメンター(指導者)になって後輩を引っ張っているのですが、(アフレコ)現場にも僕より若い子たちがいて。僕自身、第1期の頃は先輩に助けていただいた部分も多かったのですが、今回は、自分が後輩を引っ張っていかなくてはという気持ちもあります。役柄的にも、メンターとして自分からどんどん発信していくことが多いので、そこも第1期の頃とは違いますね。
イメージ

1クール目はエンターテイメントにこだわり、
戦闘シーンも増量

─アニメの監督とは、具体的にどのような作業をするお仕事なのでしょうか?

渡部
基本的にまずは作品のコンセプトを決めなければいけません。映像的にもそうですし、アフレコであったりといった音関係でもそうなんですけれど、どういう方向性でスタッフを動かしていくか考えて、指示を出す立場ですね。今回、言葉で説明するよりも描いて示した方が良いかなと思って、全話数の絵コンテを切らせてもらっています。そうすることで、「こういう風にしたい」ということをより具体的に現場に指示できるので。

─今、1クールすべてのコンテを自分で描かれる監督は少ないと思うのですが。1本あたり、どのくらいのスケジュールで描いているのですか?

渡部
最初のうちは、10日とか2週間で1本、描いていたのですが、現場が動き始めてからは、いろいろな打ち合わせなども重なって、なかなか時間が取れなくなってきてはいます。

─アニメ『東京喰種トーキョーグール:re』に関して、最初に決めた作品のコンセプトを教えて下さい。

渡部
前作のクオリティが非常に良かったので、逆にそれを意識しないようにするというか。まったくの別作品として挑まなければならないと思い、最初の段階でスタッフにも、「プレッシャーとかは関係なく、『:re』という新しい作品を作らなければいけない」ということを伝えました。具体的に言うと、1クール目はエンターテイメントにこだわる。 戦闘シーンも増量して、映像的な試みもやっていこうという方針で作っています。
花江
僕も『:re』で演じているハイセに関しては、カネキのことは1回忘れて、新しいキャラクターを作るという意気込みで、一から演じています。本人もカネキとしての記憶は無いので、ちょうど良いかなって。どこかにカネキっぽさも残れば良いなと思ったのですが、そこは演じている人が一緒なので(笑)。あえて意識はしなくても、自然とどこかに出てくるだろうなとは思っているので、あまり気にせず、ハイセとして演じました。
イメージ

─渡部監督は花江さんの演じるカネキやハイセに、どのような印象を持っていますか?

渡部
正直、アフレコが始まるまでは、どうなるのかなと思っていたんです。というのも、第1話ではハイセだけでなく、後半にはカネキも出てくるので。それで、まずはこちらからは何も言わず、テストで一通りやっていただいたんですよ。そうしたら、ある意味、新キャラクターのハイセは、最初からハイセだったし、後半に出てくるカネキも「カネキじゃん!」て感じで。すごく助かりました。
花江
あはは(笑)。
渡部
花江さんだけでなく、(新キャラの)クインクスのメンバーの方たちも、こちらからは何も言ってないのに、皆さんちゃんとそのキャラクターになって下さっていて。原作を読んでくれている方も多かったし、第1話はアフレコの段階で映像が完成に近づいていたことも理由かもしれないのですが、第1話を録った時の手応えは本当に大きかったです。これで、残りの話数もやっていけそうだなという空気になりました。
花江
嬉しいですね。僕自身、1期、2期が終わってから、『:re』のアニメ化が決まるまでの間、(原作の)『:re』をけっこう読んでいたんですね。ただ、先ほど監督もおっしゃっていましたが、『:re』になってから、スイ先生の画力がますます上がっていて。コマ割もすごく特徴的になっているし、迫力がすごくって。これはアニメにはできないんじゃないかなって思ったし、僕自身も生半可な気持ちではやれない作品だなと思うくらい。でも、アニメ化はして欲しかったので、ひそかにハイセの練習をしていました(笑)。

マイロの「胴体無用!」に月山家の絆を感じて、グッと来ました

─第1クール、最終回直前の『:re』ですが、ここまでのエピソードで特にお気に入りのシーンなどはありますか?

花江
本当に良いシーンがいっぱいあるんですけれど……。超個人的に好きなのは、第11話で、マイロが胴体を半分にされながらも突っ込んで行くシーンです。
渡部
胴体無用ー!
花江
そこですね(笑)。「胴体無用!」って言いながら突っ込んで行くシーンが、松前さんもそうなんですけれど、月山家の絆を感じて、グッと来ました。原作を読んでいると、よりその気持ちが強くなると思います。あと、僕はキジマ(式)役の飛田展男さんのお芝居がすごく好きなので。
渡部
アドリブの連発で、口パク(セリフと口の動き)は全然合わないんですけれど(笑)。非常に素晴らしいです。
イメージ
花江
あんなにもキャラクターの魅力が引き立つお芝居って、本当にすごいなと思いながら、(第11話の)散り際まで観ていました。
渡部
(セリフの)「うばばばば」もすごかったです。
花江
凄かったですよね。そこも個人的に気に入っています。
渡部
第11話だけでなく、第1クールでは、そろそろ放送局に怒られるんじゃないかってくらいの映像をずっと作っていて。
花江
あはは(笑)。
渡部
今のところは何も怒られていないんですけど(笑)。
花江
良かったです。
渡部
最終回も、できればちゃんとオンエアしたいですね。

─先日、『:re』の第2クール制作も発表されました。少し気は早いですが、ファンの皆さんに楽しみにして欲しいことは?

花江
第1クール最終回のラストから繋がっていくお話になると思うのですが、そこは原作でもすごく重要なシーンで。ハイセにとってもターニングポイントになるシーンだと思うので、僕自身も今から楽しみにしています。
渡部
第1クールでは、ハイセの中にカネキがいて、葛藤をしながら物語が進んできたのですが。最終回から第2クールに向けては、さらに物語が動き始めます。絶賛制作中ですが、そこを楽しみにしていただきたいですね。
イメージ

【取材・文=丸本大輔 撮影=相澤宏諒】

©石田スイ/集英社・東京喰種:re製作委員会

  • Twitter
  • Facebook

Profile

イメージ画像
花江夏樹(はなえ・なつき)
アクロス エンタテインメント所属。神奈川県出身。2012年に、『TARI TARI』のウィーン(前田敦博)役で、テレビアニメに初のレギュラー出演。2013年、『断裁分離のクライムエッジ』の灰村切役で初の主人公を演じた。その他の主な代表作に、『アルドノア・ゼロ』(界塚伊奈帆)、『四月は君の嘘』(有馬公生)などがある。

Profile

イメージ画像
渡部穏寛(わたべ・としのり)
北海道出身。2000年公開の映画『人狼 JIN-ROH』でアニメーターデビュー。その後、演出家に転向。2016年放送の『侍霊演武:将星乱』で初の監督を務めた。その他の主な代表作に、『VALKYRIE DRIVE -MERMAID- 』(助監督)、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』(709話~714話で監督)、などがある。

クリトーク!バックナンバー

第1回

かくりよの宿飯(やどめし)

前編

後編

第2回

東京喰種:re

前編

後編

第3回

重神機パンドーラ

前編

後編

第4回

夢王国と眠れる100人の王子様

前編

後編

第5回

岩井勇気のコントCDⅡ

前編

後編

クリエイティブニュース

※外部サイトへ
リンクします

JavaScriptをOnにしてください